新築を建てる時に、まずは照明からなんて人はあんまりいないと思います。

「途中で考えればいいさー」なんて甘い考えは捨ててください。

後で泣くことになります。

新築を建てる内容すべてに 気を張っていかなければ 

楽しい新居生活は 始まりません!!

私のようになりたくない方は どうぞブログを読み進めてください。

電気の事って、そこまで考えないと家は建てられないの?

それなりに考えていましたよ。

ネット検索すれば、超おしゃれな照明が登場します。

照明で部屋の雰囲気やおしゃれ感が変わりますし、センスもバレバレです。

今の照明は もう本当に電球1つ1つから 考えないと理想なお部屋にならないんです。



もちろん相談しましたよ、パナソニックさんと東芝さんとコイズミさんに。

でもね・・・照明プランをお願いする時に 

この部屋はこんな照明を設置したい・・・ 電球タイプ シーリングタイプ 

明るさのイメージも大切です・・・ 電球色 昼白色 昼光色 

光の広がり方・・・ 全方向タイプ 広配光タイプ 下方向タイプ

自由度・・・ 人感センサータイプ 調光機能タイプ

照明スイッチの場所・・・生活動線を考える 高さ 壁からの位置 どこで点けて どこで消す

電気配線設置代・・・これも大事

照明メンテナンス代・・・LED照明は長寿命だけど、忘れた頃にやってくる時の業者への依頼代とか

将来の変化に対応できるか?・・・どんどん新しい照明の機能が改良・開発されていったら取り入れたいし。


実はほとんどの照明プランは 3社とも似ていました。これは残念でした。

期待していただけに・・・。

照明のショールームを訪問する時の心構え


照明のショールームを訪問できる方は是非何度も足を運んでくだい。

それぞれの会社で、照明を体験できる部屋が、あると思います。

いろいろなパターンの照明を感じては、自分の家の「LDKだと・・・」とか「寝室は・・」とか

ショールームの大きさが、ご自分の部屋の大きさや、窓や、動線をしっかりイメージしていかないと

「ここのダウンライトを、もう少し違う場所に設置すればよかったかな?」とか

「ここは人感センサーだと、生活しにくいなあ」とか

「照明の明るさや色が、生活にマッチしてないなあ」とか

「昼間の太陽光との組み合わせ。」

「家具、特に机やテーブルのと配置」

「テレビを見る時に、光がテカって見にくい」とか・・・様々です。


そうなんです。

照明って間取り図のガラーンとした状態だけで、考えると失敗します。

特にダウンライトは後から移動できませんからね。

今ちょうど考え中の方、素敵な照明プラン・照明器具やカバー・スイッチにも、時間をかけてみてください。

光=照明