私のブログに訪れていただいている皆様 

本当にありがとうございます。

皆さんも、とってもとっても忙しくて忙しくて

私のブログを見る時間も、もったいないぐらい

仕事に 家事に 新築打ち合わせに 内容を調べるのに

いくら時間があっても足りない足りない・・・

はあ そうなんですよねえ。。。

いくら時間があっても どんどん世の中進化して

新しいもの

能力が素晴らしいもの

見た目がスタイリッシュなもの

最初より価格が値下げして手が届きそうになったり


まあ本当に企業の、開発者の努力の賜物ですね。



打ち合わせ中は、そう理想のお家です。

あんな物、こんな物、家にあったらいいな〜

頭の片隅に素敵なインテリアとか、想像しつつ

なんとなく実現30%くらいで考えながら

営業さんと話を進みつつありました。

でも、忙しすぎました。

時間がありませんでした。

家づくりの奥の深さに理解できませんでした。

質問の仕方もわかりませんでした。

途中で変更できるかどうかの判断がわかりませんでした。

一度決定しても、変更が可能なものと、 絶程無理なものがあるんですね。

床を張ったり、壁施工の順番

まったくわかりませんでした。

前の打ち合わせで決めてことを、変更のお願いするのがためらいました。

何が正しくて何が間違いというのは、家づくりにはありません。

特に注文住宅は、1つとして同じ家はなく、すべてオリジナリティです。

すべてオリジナリティ=自由度満載!=自己責任200%の気合いと気持ちと意気込みが必要です。


ただ、陥りやすいポイントがあって、空間の取り方です。

このくらいの幅が使い勝手が良い。とか・・・

生活し始めて数年たち、世の中の進化・変化に対応できやすい家。

これ大切です。

今生活しているお家を壊して、建て直す方は

ここを治したい、使い勝手が悪いからこう治したい。

ここの光の入り方は気に入っているから、このまま使いたい。

この部屋からこの部屋への動線は残したい。

こんな使い方ができる部屋を増やしたい。

建て直しの方は、まず現実に寸法があってそのサイズに対して、

どのくらい増やしたいか減らしたいかで理想に近づきやすいんです。



でもまっさらの敷地に、今住んでいる家の間取りから

ガラッと変える間取り、理想の家を考え中の方は、じっくり考えてください。

じっくりとは、部屋の細かい場所も寸法、まわりとの兼ね合いも含めて考えてください。

「この辺に照明のスイッチでいいんじゃない?」なんてのは(これ私です(ー ー;))

あとでえっえっっ・・・・てなことになります。

お気をつけませ。