新居18日目(*^^*)

センサーの凄さに、ビックリしてます。

こんなに快適な楽な暮らしができるのかと・・

以前の生活からセンサーに切り替えた物は

玄関の電子錠・電動シャッター・ドアホンの画像・照明・トイレの蓋開閉
・トイレの水洗・冷蔵庫のドア開・風呂の自動お湯はり・・


今まで本当に昭和なレトロな暮らしをしていたので ;^_^A

みなさんからしたら、今頃? の設備もあると思います。

『凄いなぁ!快適ー!』から、だんだん便利な生活に慣れてくると

動いて当然ー』にかわりつつある、自分に少し呆れ気味です。

あれっ?なんで照明つかないの? なんでドア開かないの?・・ 

人間の『めんどくさいなあ』とか

今こんなにいっぱい荷物持ってるのに鍵出さないと入れない!』とか

手がふさがっていてドア開けるの無理〜!

みたいなシチュエーションでしょうか。


毎日の生活をシュミレーションしてみると・・

電動シャッターがタイマー時間に作動して閉まる

車かな?歩きかな? そして帰って来る。

→外構照明の人感センサーが反応し

門近くからライトアップ→安全に玄関まで進む。

玄関ポーチのダウンライトが人感センサーで点灯。

鞄の中に玄関ドアのセンサーが入っているので、

玄関ドアセンサーが反応し、鍵を出さなくても

ドアノブを回すだけで玄関ドアが開く

玄関の中に入ると、上がり框の人感センサーが反応し、

玄関内が明るくなり、玄関照明スイッチに手を伸ばす事なく

重たい荷物や鞄を置いて、ゆっくり靴を脱ぐ。

LDKに入ると人感センサーが反応し、部屋が明るくなり

暗闇の中照明スイッチを探す事なく部屋に入る。

と、ここまでが帰ってきた時のシュミレーション・・

『快適』だと思います。

一番のデメリットは、センサースイッチを持っていなければならない事。


次は、翌朝編です。

朝まだ暗い中、起きる→人感センサーが反応し、部屋が明るくなる

電動シャッターの開きタイマーで、電動シャッターが開く

窓が少しづつ明るくなってきたら、

照明がいらないから、人感センサースイッチを切る。

暗くなってからの帰宅に困らないように、

切った人感センサースイッチを自動にセットする→外出する。

電動シャッターの閉めタイマーで、電動シャッターが閉まる

これがセンサーのルーティーンです。

どうですか?めっちゃ便利なんですが、

昼間の明るい時間帯でも照明がついてしまうから

人感センサースイッチの入り切りをしないといけないのが、

ちょっぴり不便です。


つづく(*^^*)

PS.今日は超忙しくて今の時間になってしまいました。