サーモスのすりガラス

サーモスのすりガラスの追加料金がなくなった。
サーモスのすりガラスは、一種類しかないそうです。
だから、すりガラスを選択しても、追加料金が発生しなくなりました。
やったー!
でも、掃き出し窓の中心から下段にすりガラスの設置は、サーモスではメーカー側で出来ないと判明しました。それは残念。

運命のシステムキッチン

見に行くつもりはなかったんです。
たまたま通ったタカラのシステムキッチンに、とってもとっても素敵なピンク色の扉の、システムキッチンを見つけてしまいました。
この扉の色ロッシュパールローズに運命を感じました。
さらに…その扉と同じタイプの洗面所も見つけてしまって…
標準はリクシルなので、かなり追加のオプション料金がかかると思います。
キッチンとセットで購入するから、タカラさんが割引率を大きくしてもらえると嬉しいんですけど。

ショールームって

タカラさんにかぎらずリクシルさんでもどこでも、ショールームに展示してあるのを参考にして、自分たちの気に入った扉の色や蛇口を選択して、建築会社さんに詳細と見積書が届きます。
見積書が届いて建築会社の方から、追加料金が提示されるまで金額の把握がしにくい。
メーカー側は高いクラスを選んでほしいから、シュールームいい感じの設備を見せられると、舞い上がって選択してしまいますね。
でもそのあと建築会社からの見積書を見て、まるで成績表を見る時のようにドキドキしながら、地獄に落ちるんです。

洗面台の方向と引き出し

我が家は、洗面所の設置方向をちょっと変えています。
洗面台の方向が一般的には窓に向いているけど、我が家は洗濯機の方に引き出しする感じで、設置して欲しいと思っています。
理由は洗面所の窓の掃除をしたいから。
そしたら、窓側の壁の長さを長めにしたら?いいんじゃないの?
はい、知っています。それが出来れば間取り図に苦労しないって!

ニッチ

ニッチの依頼は上棟が済んでからでも、大丈夫だそうです。
ただ、筋交いの壁と断熱材が入れている壁には、ニッチは作れません!理由は、簡単です。壁から飛び出る固定棚は、できるだけ避けたい。
固定されるといろいろアレンジしたい時に、障害になる。例えば、追加の家具を置きたい時なんかね。
はずせばいいよね。でもきれいな壁にネジ跡がのこるでしょ?そこはゆずれない!そして、埃がたまりやすいし。

決めるフレームの種類

こんなにたくさんのフルームの色を決めないといけないなんて、思いもよりませんでした。
窓の室内・室外のフレーム=室内扉の色と合わせる・外壁と合わせる
室内扉の枠の色決め=室内扉の色と合わせる
室内扉の敷居の色決め=室内扉の色と合わせる
これらの色をそれぞれの扉の数分、決めなければなりません。これが結構大変でした。
建築会社の方が記録をとってくれるから、なんとか乗り越えれました。
こちらは、扉のデザインと色を決めるだけでも大変なのに。

外壁決定

外壁はニチハのフォルトウォールのカトマMGベージュを道路側の外壁に、
アウラストーンMGだん茶を玄関がある後ろの建物に決定しました。
そして奥の裏側の外壁からぐるっと一周した部分は、濃い色に決定しました。
道路側の壁に縦にラインを入れようかとも、考えました。
いろいろな施工例を参照にしましたが、私たちは平屋なのでなんかしっくりこず、ラインを入れるのは辞めにしました。

メンテナンス

ニチハの外壁のカタログを眺めていたら、ワンランク上のクラス?の外壁ですと、メンテナンスが随分違う事が判明しました。
外壁は家を守ってくれる大切な設備です。
これは差額見積もりをしてもらって、早急に考えないとと思い、ニチハのショルームに訪れました。
でも、自分の家のイメージと合う外壁が見つからない。
そこでニチハの女性職員さんに私が思っている事をお伝えしたら、「プラチナシールを選んでいただければ、上のクラスに匹敵するくらいになりますよ」とのこと。
えぇっ??そんなことができるんだ!!標準クラスの外壁でプラチナシール分だけ追加で、メンテナンスを考慮した外壁を選ぶことができました。

プラチナシールとは?!

一般的なシーリングとプラチナシールとは、約20年前後に約60万円もメンテナンスコストに差があります!!(byニチハ)この金額は大きいです。
また、プラチナシールは15年保証なんですって。シーリングの寿命は約10年だそうで、ここにも大きな差がと安心感を感じられます。
みなさんもぜひ、生命保険に入るように、外壁の保険のことかんがえてみませんか?

外壁のフレーム?

窓の室外フレームの色は、シャイングレーにしました。
リクシルさんもオススメの色かな?カタログもその色です。
ショールームのシャッターの色もそうでした。これに決定!ここから、
屋根の樋と色=外壁の色と合わせる
屋根の軒の色=好き好き
軒下の色=好き好き
外壁も結構悩むので、やれやれと思った矢先に次から次へと決定しなければならないことが、どんどん待ち構えていました。