建築確認申請書の前に、急いで修正!

どうにもこうにも、個室の引き戸が設置できない!

どうにもこうにも、個室の引き戸が設置できない!
で、縦列駐車場の幅を3000mmから2500mmに減らして、建築面積を50mm大きくした。
それに伴い、LDKも、5000mm広げる事になった。
LDK5000mmから5500mmに。
請負契約書も交わした後の、こんな瀬戸際な時期に…なんてこと…。
広くしたので、屋根の高さと、カーポートと高さがかぶるかなあと心配していましたが、高さが違うので被らず設置できるんだそうです。
これまた良かったです!

エアコンの設置場所

エアコンの設置場所を忘れていました。気がついて良かったぁ〜。
エアコンの幅はだいたい80cmくらいです。
壁の長さが短い部屋に、窓・エアコン・収納を配置したいと、間取りで悩みます。
体力壁の筋交いがある壁
体力壁の筋交いがある壁は、筋交いと筋交いの間にエアコンダクトを通してもらえば、エアコンの設置は可能なんだそうです。
そんな方法があったんですね。そこは、やっぱり教えてもらわないと、素人にはわからない。
筋交い壁の場所に変更できる部屋は、まだいいんです。

クローゼットの上
クローゼットの上にエアコンを設置するとしたら、
クローゼットの高さを2000mmにすればいいんですが、エアコンのダクトがクローゼットの中を通ります。
クローゼットを開ける毎にダクトがみえるのは…
うぅ〜ん…なんとか避けたい。

窓から天井までの長さを変える
それも不可能な部屋は、窓から天井までの間を空ける工夫をするしかないんです。
最近のエアコンは薄くなってきているけれど、天井より40cmから50cmは必要でしょう。との事。
理由は、エアコンを取り付ける際に、上からフックに引っ掛ける感じで取り付けるから。
その窓がシャッター仕様だと、シャッター分がさらに必要になってきます。

でも、でも、
腰窓の下に家具等をおきたい時に、日本は90cmが主流の寸法の家具が多いので、床から窓までの高さが90cmはほしい。90cmは必要なんです。
窓の高さ配分も考えないといけないなんて、間取りって本当に奥が深くて難しい。

テレビの上にエアコンをつけるのも、水がポタポタして、テレビに影響がでるから避けた方がいいらしいんです。

が…そうも言ってられない部屋もあります。
そうです、LDKのエリアにエアコンを置く場所を悩んでいます。
壁はあるにはあるんですが、家の中心部にLDKがあるので、両側が壁なんです。
エアコンを設置する時に、壁の中をダクトが通っていかなければなりません。
それも、どうしても避けたいんです。

室外機の事

けれど、そればかり考えていると今度は、室外機の事を考えなければなりません。
エアコンのダクトは、まず真下に垂らしてから、室外機まで斜めに伸ばしていくそうです。
そう言われればそうですね。今まで気がつきませんでした。
さらに、ダクトがポーチの階段と掃き出し窓の間を、斜めに配置されます。
さらに、室外機の音や熱風もご近所の方へ迷惑にならないように、考えないといけません。
使い勝手と室外機の関係に、悩むとは思いもよらなかったです。
注文住宅の悩みとは言いたくはありませんが…

結局LDKのエアコンの設置場所は、今のところ2箇所を予定して、下地のお願いをすることにしました。

地鎮祭

お神酒は建築会社さんが用意してくれます。ありがとうございます。
スタート時間の15分前に集合でいいそうです。熱中症になりそうなくらい暑いから、ありがたいです。

DAIKEN収納クローゼット

標準ドアと収納クローゼットはDAIKENです。
引き戸の引き分けは、大工さんの造作ポケットとして、両引き戸できるようになりました。ありがとうございます。

DAIKENのクローゼット収納は取手のあるタイプで、私の家は間取りがMモジュールだから?尺タイプとMタイプの両方の幅から選択出来るそうです。
知らなかった〜。なんか得した気分です。

クローゼット内の棚板を、押入棚板915mm・押入枕棚板415mmの棚板を組み合わせて、お願い出来るそうです。
棚板3枚も可能だそうで、上段に棚板を設置して下段には稼働棚もOKだそうです。
2000mm体力壁と筋交いの所の収納クローゼットはMモジュールで、1820mmクローゼットがぴったりサイズ。

下地板を入れてもらう

将来、手すりをつける必要が発生した場合に、下地板を入れていただけるようになりました。
外壁も内壁も設置できるそうで、手すりの高さをカバー出来る高さに、結構幅が広いものを入れてもらえるそうです。嬉しいサービスです!

ニッチの設置場所

ニッチの設置場所に不適合なのは、断熱材が入っている外壁。
室内の壁に作成可能ですが、大工さんの手間がかかるから、見積もりとってもらわないとね。

洗面所

将来1人になって、なんとか洗面所に行って座って顔が洗えるように、椅子が使える事に支障がない感じの収納があればありがたいです。
ハイバックガードでシームレスだと、掃除が簡単そうで、楽しく綺麗をキープできそうです。

その他

洋室Aの2部屋の仕切り壁は、玄関からの壁と引き戸の関係で
5500mmを分ける壁の長さが2750mmか2800mmとか変動することになりました。
コンセントは基本、一部屋2つだそうです。建築確定申請書を確定したら、電気の配線計画に進みます。