家の建築には家のコンセプトが、最初の間取りから完成そして住み続けていく中で、非常に大切な内容です。
これからたくさんの事に悩み・迷い・喜び・諦めなど、すべてにかかわりますし軸でもあります。
悩んだ時にはこのコンセプトに一度戻って、忙しくて時間がないと、どうでもいいやって流されやすくなると、理想の住まいから藤左買ってを現実のものに近づけて、わくわく楽しい生活を毎日過ごせるよう、しっかり決めましょう。

1 バリアフリーである事

命をまっとうするまで、できる限り1人で生活できる環境を整えたい。そのためにはバリアフリーである事。
バリヤフリー=barrier free 「建物の段差を取り除く」
アクセシビリティ=accessibility 「施設やシステムが広く障害者や高齢者などに対応可能であること」(by Wikipedia) 調べてみるとこんなに内容に違いがあることに、あらためて驚きます。

2 自然災害に強い家にしたい

A  地震対策

地震は非常に怖いです。大規模の地震災害が予想されている東海南海地震のエリアに入っています。家が耐えきれなくなってペシャンコになってしまうのは、避けたいです。
避難場所はきっと人であふれてしまいますし、一旦は避難場所に避難しても、家の耐震性にokがでれば、自宅に戻って生活したいです。
耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)に定められている等級3の基準住宅は必須項目です。
また、土地は25年ほど駐車場として利用していたので、ハウスメーカー調べでは、地盤調査では硬いと言われています。(本当に?)
でも、道路より1mほど上がっている土地の土留め壁が、崩れてしまわないか不安が残ります。地盤調査に重点をおきたいと思います。

B 大雨・洪水対策

ゲリラ豪雨などでどんどん雨からの水が迫ってくるのは、想像以上の不安を感じます。
本当に避けたいです。
私の場合は、土地が1mほど上がっているので、道路からの浸水にあまり不安は感じていません。
近くに崖も山を切り崩した斜面もないんですが、そういう土地に場合は対策が必要です。

3 駐車場の確保

駐車場の確保は私の地域では大切です。土地の形が細長で道路側が1mほど上がっているので、道路側の土地をすべて削って4台分の駐車場を確保しようと思っています。
歩道が道路より1段上がっているので、そこも削らないといけなくなってきます。問題山積みです。

4 平家である事


家を建てる一番のコンセプトは やっぱりバリヤフリーです。
これは譲れないです。諦めてはダメです。
室内外含めてフラットな状態で行き来できる事は、年齢を重ねていくと、とても重要な事です。

5 ドアはほぼ引き戸で

ドアでも一番のコンセプトは やっぱりバリヤフリーです。
特に、玄関のドアは頑丈で防犯性の高いグレードを求めれば、重厚で重たくなります。
開き戸は押しながら開く事は出来ても、内側に引きながらドアを開ける事は、身体を後退しなければならず、日常生活が難しくなります。
すべてのドアは引き戸で依頼します。
段差もバリヤフリーの重要なコンセプトの1つです。
ポーチから土間・上がり框・床の敷居も無くし、本当にフラットにしたいので、上吊り引き戸を採用します。

6 敷居の段差は0cm

5と内容が重複しますが、敷居は無くフラットで、上吊り引き戸を採用して。
平家は1階しかないので泥棒からみると、窓からの侵入は2階に比べると簡単そうですよね。
でも、2階建てや3階建てに比べて、音の伝わり方には敏感に聞こえると思います。
留守の場合はともかく、侵入フロアと居住フロアが同じの場合、音が響きやすい・遭遇しやすいことを考えると、平屋が不利とは確信難しいような気がします。どうなんでしょうか。
とにかく、窓重点に防犯はしっかり考えていきたいです。

8 風の通る家

今までほぼ3階に住んでいたので、窓が開けっ放しで冬でも風が通る家に、居心地の良さをかなり感じています。
特に、夏場に家に帰った時のムッと感は少ない方だと思います。
家にいるときも、留守のときも、風の通る家にしたいのは、贅沢なんでしょうか。

9 エアコンに頼りたくない

昔の家に比べて、機密性の高い設計を売りにしています。
断熱材の種類や施工能力が求められます。
機密性が高いという事は、冬の冷たい空気が室内に伝わりにくく、夏の高い外気温が室内に伝わりにくいという事でしょうか。本当に断熱材だけで、快適な生活ができるのでしょうか。

10 internet of thingsでありたい ( IOT )

アクセシビリティ=accessibility 「施設やシステムが広く障害者や高齢者などに対応可能であること」(by Wikipedia)  こちらがメインになってくると思います。
エアコンも照明もシャッターもテレビもDVDも玄関ドアもお風呂もあらゆる電化製品を、iphoneの操作で on off できれば、体調の悪いときとか、家族が近くにいないときでも、不安が少なくなる心強い1つの手段になるのではと思います。

11 なるべく無線で事を済ませたい

10 internet of thingsでありたい ( IOT )と内容がかぶりますが、玄関のドアを開けるとき毎回鍵を出すのが、大変なときもあります。
いっぱい荷物を持っている場合や、急いで家の中に入りたいとき。
予約やメールをしておくと、その時間限定で玄関ドアが開いたり。
車のようにカバンの中のセンサーでドアが開くように、こぜひこの機能を玄関ドアで採用したいです。
そして、いろんなセンサーを持ち運ばず、iphone1つあれば事が済む生活にいいなと思います。