いままでの照明は熱くて、あかり中心でした。

今は照明=LED=インテリアとして 

光をアレンジできるのが いいですよね!

LED電球の事を調べていくと

昔のように60Wや100Wを選んだら間違いないような

そんな簡単なものではなくなりました。

しっかり勉強が必要です。

口金サイズ 

W形(明るさ・ルーメン・光色(電球色・昼白色・昼光色)

光の広がり方(広配光・下方向・全方向)

照明器具タイプ

ペンダント・シャンデリア・スポットライト・ダウンライト・ブラケットなどなど。

これらの組み合わせが、ありすぎてありすぎて決めるのに時間がかかります。

ここまではLEDの基本情報でした。

ここからが本題です!

なんとか決めた組み合わせを、どう楽しんでオシャレにみせるか

照明カバーをアレンジして 

個性的な照明に作り上げられる楽しみが、LEDにはあるんです。

インテリアは壁や棚に飾ることがメインでした。

最近は手作り照明カバーも大人気です!

そう!照明カバーもインテリアの1つとして楽しめる時代なんです!

天井から吊るす理由は・・

1 壁に穴を開けたくない→天井ならピン穴が目立ちにくい。

2 天井高が高い→空間が空いている

3 天井に近いと誇りがつきにくい



ピクチャーレールも考えました。吊るす物の重さによって、

ピクチャーレールのタイプも考えたほうが良いようです。

結構お値段もするんです。

飾ってみたいポスターとか、まだ未定なので、

ピクチャーレールはあきらめました。

代わりに、カーテンレールを使用している方もみえました。

それならお値段も手頃で、将来性ありかもと思っています。


我が家はシーリングライトではなくて、

ライディングレールを予定しています。

なんとライディングレールには

『吊りフック』という製品がありまして

このフックをライディングレールにはめて

物を吊るすことができるんです!ありがたい!!

ホスクリーンにも物を吊るすことができるんです!


そして話を照明に戻しますが、

ライディングレールにペンダント照明を吊り下げ

そのペンダントカバーを

手作りアレンジ予定をしています!

季節によって照明も衣替えして

毎日の生活に心地よい変化を

LED照明によってかなえられる時代に感謝感謝です!!

つづく(*^^*)