外構工事に入れて欲しい事(*^^*)カーポート

車の駐車スペースを作る予定でしたら、やはりカーポートは欲しいですね。


駐車スペースが1台ならカーポートも1台分だけで

人にも車にも使い勝手が良い配置場所を、考える事で十分だと思います。


2台以上の駐車スペースを予定している方は

何台分のカーポートを設置しようかと悩みます。


ほとんどの場合、建物の前にカーポートを設置する場合が多いと思います。

あでもない、こうでもないと、外壁や屋根のデザイン

それなりに一生懸命考えて建てたのに・・・。


建物とカーポートが近ければ近いほど

建物の外観にカーポートが入ってきてしまい、

素敵な玄関ドアが見えるはずだったのに

カーポートの屋根越しの玄関ドア・・・。

『こんなはずじゃなかったんだけどな・・』


ならないために!家の設計図を考える時に

カーポートの存在もぜひ外観に入れてみてください。



カーポートも全台数分設置できれば、本当に理想ですね。

敷地や予算に問題がなければ、車も汚れにくいし、

雨の時の出入りも傘の出番も少なくなるし

一番いいんですけどね・・・。

そんな感じでは無いので、悩むわけです …>_<…


カーポートの設置に関して

カーポートの柱の設置幅のことも考えてください。

壁から約30cmは必要になってきます。

その事も含めて駐車スペースの設置幅を、考慮したほうが、

使い勝手が良くなると思います。


カーポートの不安な点として、台風などの強風で

カーポートの屋根が飛んでしまい

近所等周りに迷惑をかけてしまうことがあります。

そうならない為に、脱着式サポートというタイプがあります。


私家のカーポートは、片流れタイプ+脱着式サポートにしました。

台風など前もって強風が発生するだろうと予測がわかった時に、

脱着式サポートを設置します。

この脱着式サポートを使わない普段の時は、

カーポートの柱にこの脱着式サポートが

設置(かけてある)してあり、

強風発生しそうな状況前に、カーポートの柱から外して、

カーポートの屋根の柱が無い方にジョイントして

地面のフネという差し込みところに

脱着式サポートを差し込みます。

この脱着式サポートは、思ったより軽く

女性でも1人で設置出来るほど、設置方法はすごく簡単です。


ただし、このフネにゴミが溜まってしまいますので、

オプションでフネカバーというのがあります。

ぜひ(*^^*)つづく