契約会社を決めて、契約書も交わしました。次なる関門は地鎮祭です。

地鎮祭とは?

 

地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許し
を得る。
これには神式と仏式がある。
一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言う。費用は施工業者(奉献酒や玉串料は施主を含めた関係者)が負担する。

多分一度ならず聞いた事がある言葉。
昔々からある土地に、初めて建物を建てることは、土地を使用させていただく、そして家を建てることにより、今よりも幸せになろう!という気持ちが奥底であるから。やっぱりした方がいいと思う。
でも、でも、詳しい内容まではわからない。


調べました。
神式の一般的な地鎮祭の流れは次の通りである。

神事の会場に入る前に手水桶から掬った水で両手を洗い、心身を浄める。
修祓(しゅばつ)
開式の後、祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。
降神(こうしん)
祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。神職が「オオ~」と声を発して(「警蹕(けいひつ)」と言う)降臨を告げる。
献饌(けんせん)
神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。
祝詞奏上(のりとそうじょう)
その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。
四方祓(しほうはらい)
土地の四隅をお祓いをし、清める。切麻(きりぬさ)・散米(さんまい)とも言う。
地鎮(じちん)
斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)、斎鋤(いみすき)を使った穿初(うがちぞめ)、斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)等が行われる。設計・施工・建主に振り分ける事が多い。鍬入の儀とも言う。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)
神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。
撤饌(てっせん)
酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。
昇神(しょうしん)
神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。この後に閉式が行われる。
神酒拝戴(おみきはいたい)
直会の前に行われるケースもある。土器(かわらけ)の杯にお神酒を注ぎ、神職の合図で乾杯を行う。

私達は建築会社がいつもお願いしている、地元で有名な神社にお願いしました。

地鎮祭の流れを知っているのと知らないのとは、大違いだと思います。
何もしなくていいって聞いていたから、私は何もしなかったし、知りませんでした。


そして…当日の10分前頃に、神主さんからレクチャーを受けました。

斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)、斎鋤(いみすき)を使った穿初(うがちぞめ)、斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)等が行われる。設計・施工・建主に振り分ける事が多い。鍬入の儀とも言う。」です。


「えぇ〜」私が?何もしなくていいよってきいていたのに…騙された…
でも、やるしかない。

恥ずかしいけど「えい!えい!えぇいいいいい〜!←最後のえい!は一番大きな声で少し長めに…」だって
しりたいかどうかは、施主次第だと思います。
私は知りたかったかな。

地鎮祭に向けて用意するお供え物

清酒(一升=1.8リットル):私達は建築会社さんが、用意してくれました。
お米(一合=約150g):洗米。前日にお米をきれいに洗って良く水を切り、一晩乾かしておきました。
塩(一合):敷地を清めるのに使いました。
水(一合=180cc):ペットボトルでも可。
海の幸:昆布、するめなど。
野菜:地面の上にできるものと、地面の下にできるもの(キャベツ・トマト・ナス・キュウリ・かぼちゃ・大根・人参・山芋等)
山の幸:果物(りんごやオレンジ、季節のものスイカとか)


地鎮祭後


地鎮後皆さんは、どうされているのでしょうか?
私達は、周りにお住みのお家の方々に、建築に向けて何かと騒音等ご迷惑をおかけしてしまいますので、建築会社さんと一緒にご挨拶に周りました
建築現場は、ずっと駐車場でしたので、直接お話しご挨拶もでき、良かったと思います。
自治会長さんへもご挨拶に伺いました。これからず〜っとご指導いただかなければならないので、最初のご挨拶は大事ですね。


大安は平日でしたので、お留守のお宅も多く、後に日を改めて再度ご挨拶に伺いました。

地鎮祭後に一番驚いたこと

実は一番驚いた事がありました。
本当に何も知らなっかったので、この後の進行についてあまりにも無知でした。
地鎮祭の後すぐに、地面を業者さんが工事し始めました。

「今日から〜!!」…知っていたらご挨拶の時に、お伝え出来たのに…ちょっぴり残念でした。