センサーライト(*^^*)

朝起きて出勤または登校し、夕方家に帰ってくる。

忙しい毎日を送っていると、

家に居るときは明かりをつけている時間帯が長くなります。

もちろん季節によって違いますが・・・。


明かりをつけないで生活できるのは

天気の良いほんのわずかな時間帯になるのでしょうか。


そうすると照明は、毎日の生活にとっても大切になってきます。


新築の打ち合わせの中に、電気の配線を決める時期があります。

配線工事が進まないと、家の建築が進まないので建築会社も困ります。


我が家も部屋から部屋への動線、将来の事も考えて

センサーライトを設置しました。


年齢がアラフィフなので、高齢になる頃が、

特に気になります。


自分の足でスムーズに動けなくなってしまったとしたら・・・


一番に考えたことは、

夜中に目がさめてむくっと起きて

照明スイッチに手を伸ばすことなく

自分の部屋からトイレまでたどり着き、

またトイレから自分の部屋まで戻りお布団に戻る。

これが小さな理想です。


人感式センサーライトにすると、明かりがつくから

慌てず寒い冬とか上着をはおり、手すりや杖とかに頼りながら

トイレまで明るい状態で安心して行けること。

それで人感式センサーライトの登場となるわけです。


人感式センサーライトのよく聞くセールスとして

『今ある電球を人感式センサーライトに変えるだけで・・』

ですが、こちらですと点灯時間の設定できないものが

多いんです。

せっかく人感式センサーライトで明かりがついても

途中で明かりが消灯してしまっては、

使い勝手が悪いです。


人感式センサーライトの反応範囲も電球近くで無いと

変更できないタイプが多いらしく

高齢になった時に天井250m近くの照明まで

手が届くか?と言ったら、NOです。


それで壁スイッチ式人感式センサーライトにしました。


壁スイッチ式人感式センサーライトはとても良いです。

スイッチをさわらなくても、明かりがつくのは

便利です。

明かりの時間設定を出来るのも、すごく良いです。

人感式センサーの範囲を設定できるのも

すごく良いです。


脱衣所と洗面も壁スイッチ式人感式センサーライトに

すればよかったと後悔しています。

こちらは、LED電球を電球式センサーライトに

交換しようと思っています。

明かりが欲しいときに、スイッチに触らなくてもよいのは

生活していくと、地味に良いです。

つづく(*^^*)