最近キッチンのテレビCMも多くなってきましたね。

テレビCMのほとんどが メーカー1番押しのキッチンでしょう!

だってすごく素敵なんです!

カタログの表紙に載っているのも超素敵なキッチン!


車のカタログを想像して頂けるとわかりやすいのでしょうか。

車を選ぶ時も、車種・色・エンジンの大きさ・税金・駐車場に入るサイズ・任意保険

オプションの追加・下取り・どれぐらい値引きしてくれるか予算大事です。



キッチンもランクによって、選択できる内容が変わってきます。

そのランクですら、素人はわかりません・・・

初めて聞く聴き慣れない名称で、ランク別されているんです。

自分がどのランクのキッチンのことを話しているのかわからなくなってしまいます。


ショールームに行くと クラスの高いキッチンがドーンと、一番目立つ場所に・・・

スタイリッシュに展示されてて高級感オーラバリバリな感じ・・・

素敵なんです。魔力にはまってしまいます。

こんな素敵なキッチンで料理している自分を想像してしまいます!

この綺麗さをキープしたいから、毎日の掃除も楽しめそうです。

そのお高そうなキッチンのそばに、

二軍?三軍?(こちらも十分素敵なんですが・・)のキッチンも展示されています。



いざ見積もりを依頼するときに

ついつい高級なキッチンのイメージが忘れられなくなります。

キッチンスタイルとレイアウト(設置)キッチンパネル

カウンタートップの大きさ・材質・色

シンクの材質・色・機能

扉デザイン・色・質感・取手・キャビネット(引き出し)

水栓金具・浄水器・食器洗い乾燥機・ガスorIH

レンジフード

キッチンに合わせた収納庫ユニット

だいたいこれらが金額に大きく関わり、予算を大きく揺さぶります・・・



ここからが本題のカタログの見方です。

最初の方のページは 

おすすめラインナップが満載です!実は、ここ大事なんです!

『素敵な部屋に設置されている理想なキッチンは、現実ばなれしてて、

お高そうだし、予算がかけられない私には無理無理!!パスパース!!』なんて思っていませんか?


じっくり見てください。実は予算のヒントが表示されている場合が多いんです。

もちろん予算ありきのキッチンです。

『予算??こんな高いページのキッチン選ばないから!』なんて思ってしまいます。

私もそうでした。

お高そうなキッチン群のなかにも ピンからキリまであるんです。

ということは・・・どのキッチンスタイルを選択すれば、予算オーバーを少なくして

理想のキッチンを手に入れる道が開けるヒントが隠されているんです!!

それに気がついていないと←私です。

自分の理想に近い、予算に合ったキッチンを選ぶのに、相当時間がかかってしまいます。



理想のキッチン像が、頭の中にあると思うんです。

でも、その理想のキッチンがいくらぐらいするのか、

いくらぐらいの値引き金額になるのか

実際のところほとんどわからない状態です。

そして、間取りのときに思わぬ利害に悩んだりします。



建築会社から

「どんなキッチンをお考えですか?L型ですか U型ですか?ペニンシェラI型ですか?

アイランド型ですか?」っと聞かれると、理想のキッチン像「こんな感じかな〜」と説明してしまうんです。

そう、ここが大きな落とし穴で、金額予想もしないで口走ってしまう

後々の支払い金額増大になるとも知らずに・・・


車なら何年後か後に買い換えられますが

キッチンはなかなか難しいですよね・・・。

キッチンスタイルの方向性がわかると、それなりにだんだん間取りが決まってくる。

間取りが決まって、ついにキッチンを選択しようというときに

『このタイプこんなにするんだ!!高っ!!』となってはもう遅いんです。

変更してもらったら??←無理無理・・・何にだって変更できる時期があるんです。

柱や壁や間取りを簡単には変更できない時期だったとしたら???

そうなんです!! 最初の頃に金額の予算ができていないと

後で変更なんて簡単にできません!!

家の設備の全てを同時進行できるわけがない・・

生活しながら仕事しながらみんな毎日忙しいんです。

建築会社の担当者はお仕事です。

私たちはOFFの時間を家の構想にあててるんです。

めっちゃ大変です。考えなければならないことはキッチンだけではありませんから。

いっぱいいっぱいなんです。これでも頑張っているんです。

家を建てようか!と考えてから

毎週のようにお休みの優先順位は『おうち』の事です。

まるで出会ったころの、付き合い始めた頃のように 

毎週の、毎回のお休みは、建築会社の方と会うことになってしまうんです。

そうならない為に、その前のその前の前に!

建築会社を選択する前の前に

ぜひ、理想のキッチン像を現実像として手に入れられる内容に近づけてから

妥協点はどこならOKなのか?扉の色?カウンタートップ?シンク?キッチンの幅?長さ?

諦めたくないところと 諦めてもいい部分まで考えた状態で

ぜひ複数の建築会社に見積もりを出してもらうと、決定しやすいと思います。

値引きの交渉もうまくいくかもです。


キッチンもモデルチェンジするし、新しい機能も登場するし、つけたい機能がなくなったりするじゃん!って思います。

それでもいいんです。

すっごーく予算オーバーしない為の理想のキッチンを

ぜひ手に入れる為に、後悔しないひとつの方法として参考にしてみください。

びっくりする程のたくさんの人が、家族がシュールームに訪れていますよ!

みんな毎日の生活を豊かに暮らす為に、たくさんの方々がシュールームを

訪れていますよ。   一度と言わず、納得するまでぜひショールームへGO!!

つづく・・(*^^*)