家のコンセプトの続き

22 防犯の事を考えて窓は引き違い

窓は縦すべり窓のほうが、部屋の中に風を入れやすいから、8 風の通る家にマッチした窓となりますが、縦すべり窓は格子が設置できないので、泥棒に入られやすいそうです。
小さい窓でも窓の格子を付けて、防犯対策に心がけたい。

23脱衣所の窓は掃除の為洗濯機と洗面の間に

脱衣所の窓は、洗濯機の壁に設置することが、多いそうです。
それだと窓の掃除が、洗濯機越しになるので、手が届きにくくなります。
そうすると、だんだん窓掃除が億劫になり、掃除しなくなってしまいます。
目標は、やっぱり清潔で綺麗な家を目指したいので、出来れば避けたい。
そうすると、洗濯機と洗面所の間に窓を設置したいです。

24 トイレの内側に手すり代わりの板兼収納

16 トイレのドアは横開きと 17 トイレ内の手洗いは外に出すと重複します。
手すり代わりのカウンター板の下段に、トイレットペーパーなどを収納できると、一石二鳥かなと。
でも、トイレットペーパーがまる見えになってしまうから、工夫はしないとね。

25 玄関の上がり框と土間とポーチは広く

わぁ!ひろい玄関ね」って言われたら、ちょっと嬉しいです。
玄関の土間と上がり框が広い方が落ち着きますし、リッチ感というか。
玄関にゆとり感じると、家全体の間取りもひろびろしている感を演出できそうだから、ちょっと嬉しいかもです。

26 下駄箱はトールタイプで

靴は意外にたくさんありますよね。
日本は四季があるので、靴にも衣替えが必要。
季節外の靴は上段または、奥行きに余裕があれば奥に閉まっておきたい。
天井に近い扉が上段だけ分かれているタイプだと、扉を開けるだけでも椅子が必要になってくる。(背が高くないので)
それはとっても面倒ですし、扉1枚開けただけで上から下まで見渡せるのがいいと思う。

27 玄関の上がり框と土間の段差はマンションくらい薄く

1バリヤフリー=barrier free 「建物の段差を取り除く」建物1番の希望!
一軒家ではめずらしいかもしれませんが、これからどんどん増えていくのではないでしょうが。
ただし、土地の低めの場所では、水害の事を考慮してください。

29 ポストは壁につけたい

敷地内に人は、入ってほしくないんです。配達の方でも。
でも、雨の日や体調の悪い日もあるので、室内から郵便物が取れるのはいいと思います。すっぴんを見られる心配もないですし。
ただ、断熱材の効果が薄れる可能性があります

30 ドアホーンは敷地の端っこで

29 ポストは壁につけたいと重複しますが、防犯を含めできるだけ敷地内には、人は入ってほしくないんです。

31 補助スロープ板の設置が可能な外構

将来足腰が弱って、階段の段差の上り下りが大変になってしまったり、福祉サービス等の利用をする事になった場合、ポーチからの階段に、補助スロープ板の設置が可能な外構にしたい

32 段差解消補助リフト設置可能な外構

31 補助スロープ板の設置が可能な外構とともに、車椅子が必要な生活になった場合、段差解消補助リフト設置が可能な外構も、しっかり考慮したい。

33 軒はできるだけ長く、短くしたくない

夏の日差しカットと雨よけで、家の壁や人間も守りたい
軒下を利用して洗濯物
をほしたいので、できるだけ長めに。
また、玄関のポーチは軒がないと、天候不順のときにビショビショになって、部屋に入らなければならないなんて、残念ですからね。

34 境界線際の壁は作りたくない

両隣の境界線の塀とかフェンスも作りたくない。
塀やフェンスがあると、二階によじ登っていけるそうなので、なんだかなぁとも思います。
境界線ぎりぎりに、壁が2つ並んでいるのを見ると、切なくなるんです。

35 母の部屋からキッチンの内側を通ってトイレ、そして風呂へ直線最短距離で

母の部屋だけに限らず、動線は短くしたい。
特にトイレは1日の中で、何度も訪れる場所です。
あっちこっちと、部屋のコーナーを曲がらないで利用したいです。
駆け込む時もありますからね。

36 テレビはプロジャクターでみたい

ブルーレイとか録画したものを、家の中で共有したいだけなんです。
メーカーが違うと再生できなったりします。
それを新しい家ではなんとかしたい。
また、テレビは重い。移動するのも、ハプニングが起こった時も、処分するにも労力が必要です。
使わなくなったテレビをそのまま置いておくのもね…。

37 シャッターは外出中でも リモートしたい 予約も

電動シャッターは外出中でも、リモートで指示できたり、または予約で開け閉めできれば、防犯面でもいいですね。

38 床は絶対無垢で

今まで無垢の床に住んだ事はありません
夏も冬も過ごしやすいらしいので、今回はチャレンジしてみたいです。
特に冬のヒヤっと感を感じない生活を体感してみたいです。
ただ、すごく傷がつきやすいとか、たくさんのデメリットを聞きます。
がんばらないと!

39 車椅子や杖、歩行器になっても行動、生活しやすい

1バリヤフリー=barrier free 「建物の段差を取り除く
全般に望んでいる事です。
移動する際の幅にも、有効幅に気をつけなければならない。

40 手すりを付ける用に下地板

将来手すりがいる生活になるかどうかもわかりません。
手すりの取り付けが必要にな
た時に、見えない壁の下地の事を、今から準備していれば、ズムーズに設置が可能になると思います。

41 太陽光をのせたくなった用の屋根の配置と傾斜

今回は太陽光の予定は考えていません。
将来今よりもっと手軽な価格で、太陽光を設置できるようになったら、設置できるように屋根の形を、考えておくのもいいかと。

以上が、私の家のコンセプトです。


ながながと細かくなりましたが、これでもまだまだ緩いかもしれません。
是非皆さんも、希望項目と、それを選らんだ理由をピックアップすると、後々の打ち合わせの時に、流されなくぶれない、本当に求めていた住宅を、完成できると思います。