1 外構は別扱い

家の外構は建築会社とは、ほとんど別扱いって知っていましたか?私は知りませんでした。
家を建てる=土地の敷地内に建物と外構も整った美しい家の未来理想図しか浮かんでこなかったんです。
だから間取りの要望を建築会社に説明していた中での、外構の話は建築会社にとっては見積外な話で、ほとんど興味のない時間だったんですね。
間取りを提案してもらったときに、ほとんどの場合、外構抜きの見積もりになるんです。
なんでだろうと思っていましたが、よくよく考えると、そうなんです。
建築会社は建物を建てる会社。外構は外構屋さんのお仕事で、別扱いになるんですね。

2外構は未完成のままの家

家は立派に完成しているけれど、外構は未完成のまま、な家で生活されているお家をみかけます。なんでだろうと思っていたんです。
今は何となく少しずつ理解できるようになりました。
単純に納期が間に合わなかったのかと思っていました。そういう理由もありですが、違う理由があったんです。
別の業社が担当するから、外構は未完成のまま状態の家が、存在するっていう事が。

建築会社さんにもご理解いただいると嬉しいのですが、家の事を詳細決定するだけでも、素人には本当に本当に大変なんです。
それに加えて外構の打ち合わせや、見積もりもしなければならないなんて…
時間もない、外構費用も予想以上に高額、資金がたまるまで放置する、悪循環ですね。そのまま手付かずのお家があるのも、うなずけます。

3せめて説明してくれても

でも、ね。初心者なんだから、家を建てるのは初めてだって、最初に説明しているんだから、せめてきちんと説明もほしいと思うんです。

私の場合は、最初に土を削って駐車場にしないと家が建てられない土地だったので、外構費用にどのくらい費用がかかるのか、その費用の大体の概算がわかれば、資金は決まっているのだから、外構費用の概算がわかれば、建てられる家のボリュムもおのずとわかり、どこを削ればいいのか、意外にお金をかけられるのか、わかるだけで建築会社との関わりも、スムーズにいくと思うんです。

それがなかなかわからなかったので、とても不安を感じていました。
そのような状況で、住宅の建築費用の見積書の契約を催促されても、いくらまで建築費用にかけられるか返事のしようがなく、やっぱりここもかぁ…と感じるばかりでした。難しいですね。

4なんとも感じないの?

外構費用が不足して未完成のままのお客さんの住宅をみても、なんとも感じないのでしょうか。
「外構金額がどれくらいかかるかわからないと、家を建てられない!」と訴えて、見積もりをとってくれる建築業者は、とても親身で親切だと思います。
ただし、後から見積もりより高くなると、業者さんも困る場合がありますから、あくまで総費用の概算の参照程度でも、十分で良いのではないでしょうか。
「そちらの見積もりはちょっと…」とか「私どもで紹介もできますが、お知り合いの外構さんにお願いしてもらっても…」という建築業者さんですと、住む人の希望を第一に考えてくれそうにない可能性が多々あり、なんだかなぁと。
そして、のちのちいろんな相談や要望を伝えにくくなる気がします。

私の場合

先ほどにもお話ししましたが、駐車場の工程を組んで、土地をフラットにしないと段差があり、家の建築は不可能でした。同じように駐車場の工程の話を10社ほどしましたが、1社だけでした。外構工事の見積もりを親身に親切に、私と外構工事屋さんとのあいだを取り持ってくれたのは。
最終的にこの会社で家の建築をお願いしました。